FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納棺師 協会

サンケイスポーツ
冠婚葬祭会社で約10年間、納棺師として遺体と向き合ってきた青木さんは、「納棺師は“死体処理係”ではない。死者が安心して『送る先』(死後の世界)に行けるようにすることが大切」と説明。そんな納棺師の姿を世界中に伝えた本木に、賛辞の言葉を述べた。 ...300


納棺師の方に伺いたいです。先日叔母が末期ガンで亡くなりました。私は葬儀には参加しなかったので母から聞いただけなのですが、叔母は亡くなったあと、まぶたが開いたままだったそうです。誰がやっても閉じなかったと。いらした納棺師の方がまぶたを閉じてくださったそうなのですが、カーテンを閉めて処置したそうです。遺族には見せられないような方法なのでしょうか?接着剤などで留めるのでしょうか?旅立ちの為の準備をしてくださる納棺師の方を尊敬します。

られました。仕事で人を癒していくってすごいことだと。もっとちゃんと誰かと向き合った仕事がしたいと強く思うようになり、 納棺師を目指したい、と思っています。納棺師は、どうすればなれるのでしょうか?映画のように


を受賞した。「おくりびと」はオーケストラをリストラされたチェロ奏者(本木)が、妻とともに田舎に帰り、遺体を棺に納める「納棺師」を生業にするまでの悲喜こもごもを通じ生と死の尊さを描いた作品。同作は、20日の「第32回日本アカデミー


スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。